おすすめ転職サイトはこちら

介護の夜勤バイトやってみた!仕事内容と4つのおすすめ施設まとめ

介護職をやっていると夜勤明けの時間がある分、一般職と比べて自由な時間が多かったりしますよね。

夜勤明けでは、ゆっくり休みたいって人もいれば、もったいないから副業でもしようかな。なんて考えている人も少なくないはず。

そんな方にオススメしたいのが、介護の夜勤専従バイトです。

空いた時間にコンビニなどでバイトをするよりも、介護の夜勤バイトをする方が絶対楽だし稼げると思いますよ。

介護職ならではの高額バイトだと思い、私自身いくつか夜勤バイトをしてきました。

そして現在も老人保健施設で夜勤専従で週1ペースでしています。

そんな経験をもとにオススメ夜勤バイト、ノンオススメ夜勤バイトを皆さんに紹介したいとおもいます。

自分でも出来るの?夜勤バイト

夜勤バイトをする上でまず心配なのは

「自分でも出来る?」

「仕事は何をするの?」って事ですよね。

なのでまずは、夜勤バイトの内容をさらっとわかりやすく解説していきます。

勤務時間

夜勤バイトは大きく分けて、2交代制と3交代制にわかれています。

2交代制は…17:00〜9:00

3交代制では↓

準夜勤22:00〜6:00

or 21:00〜5:00

深夜勤1:00〜9:00

大体こんな感じでこれに±30分といった所でしょうか。

2交代制と3交代制は自分のライフスタイルに合わせて選んでいけばいいと思いますが、3交代の夜勤バイトは少ないのであんまり選べないかもしれませんね。

また、3交代制では仮眠時間はなく、軽く休憩する程度なので本業の合間では肉体的に厳しいです。

なので私のオススメは圧倒的に2交代制ですね。

 

オススメは2交代制の夜勤

2交代制の夜勤では仮眠時間が2時間、長い所では3時間とれる事業所もあります。

本業夜勤の明けで入る方も多いかとおもいますが、2時間休憩出来るのと、出来ないのでは疲労感が全然違います。

また2交代制では、勤務時間が長いので当然1回分の給料も高くなります。

「1回でしっかり稼ぎたい!」

そんな人には3交代より2交代の夜勤バイトが断然おすすめです。

仕事内容は?

仕事内容は事業所によって様々。

基本は介護業務ですが、デイサービス・グループホームなどでは、利用者さんに提供する食事調理が必要になる場合もあります。

なので料理が苦手な方、好きではない方にはデイサービスやグループホームは向いていないかもしれません。

施設系の夜勤では介護業務がメインになってきます。

施設系の2交代制の仕事内容は…

  • 17:00申し送り
  • 18:00食事提供・介助・下膳
  • 19:00服薬介助・臥床介助・トイレ誘導
  • 20:00オムツ交換・終了後自分の夕食休憩
  • 20時から6時の間でオムツ交換が2・3回・ナースコール対応・1、2時間に1回の見回り&体位変換・夜間記録・仮眠
  • 06:00離床介助・排泄介助(トイレ誘導)
  • 07:30朝食提供・介助・下膳
  • 08:30申し送り・雑務
  • 09:00終了

ざっくりではありますが、私が働いてきた施設ではだいたいこんな感じの所が多かったです。

介護初心者でも夜勤バイトはできるのか

夜勤バイトは夜間一人で働かなくてはならない所もあるので、基本的には未経験の方にはオススメ出来ません。

夜間に利用者さんが急変してしまう事もあるので、ある程度の経験を積んでいないと、「いざ!」という時にあせってしまい適切な対応が出来ないと困るからです。

しかし、未経験者は絶対にだめ!というわけではありません。

未経験の方にはまず日勤で介護業務を覚えてもらってそれから夜勤に入ってもらう。なんて施設もあるみたいですね。

最初は日勤を

夜勤バイトに初めて入る時は、経験者・資格保持者であっても、1〜3日日勤をしてから夜勤のシフトに…といった施設がほとんどだとおもいます。

たしかに、急に夜勤に入れられても正直戸惑ってしまいますよね。

なのでまずは日勤で物品の場所や施設全体、利用者さんの雰囲気をみてから夜勤に臨みます。

仮眠が出来ない場合も

事業所によっては夜間1人で対応しなければいけない職場もあります。

そういった職場では、夜間の利用者さんの状態によって、付きっきりでの対応になり「仮眠どころではない!」なんて場合も。

落ち着いた夜勤だとしても、いつ利用者さんがナースコールを押して来るかわからないので布団でぐっすり。とは、なかなかいかないですね。

その他、利用者さんが急変した場合には2人夜勤でも仮眠はとれない時もあります。

仮眠が取れるか取れないかは本業にも影響が出るところですし、やっぱり少しでも休める所を選びたいですよね。

夜勤バイトオススメはコレ

夜勤バイトを始めたけど…

仮眠がない!

利用者が多くて大変!

寝てくれない!

給料安すぎー!

思っていたのと違う!

なんて事にならない為に実際に私が働いてみてよかったオススメな夜勤バイトを、一部紹介していきます。

デイサービス オススメ度★★★☆☆☆

  • いい点:利用者が少なくまったり働けた
  • 悪い点:1人での夜勤なので、うっかり寝たら利用者さんに逃げられた
  • 勤務時間:19時〜翌9時
  • 1回の給料:14000円

デイサービスの夜勤バイトってあんまり聞いた事ないですよね?でも最近では探すと割とあるんですよ。

私がバイトをした事業所は、日中定員10名夜間最大5名の小規模デイサービスのお泊まり業務。

最大のオススメポイントはまったり感でしたね。

普段私が働いている施設では、30分に1回のナースコール。ひどい時では、ナースコールが鳴りっぱなし。

家に帰っても、ナースコールがそら耳アワーなんて事も珍しくないのですが、ここのデイサービス夜勤は普通の一軒家に数人の利用者さんだけなのでナースコール・センサーコールなんて一切無し!

仕事内容としては、19時から出勤して、布団を敷いて臥床介助、臥床介助をします。

と、いっても勝手に寝てくれるのでパジャマを渡して、着替えをしてもらい、電気を消すくらいでした。

日によっては1、2人車椅子の方がいて、ベットへのトランス介助、オムツ交換(夜間2回)程度。

あとはトイレへの付き添いくらいです。

20時くらいから皆ねてしまうので、ポットの洗浄や夕食の茶碗洗い、簡単な記録を書いたりしていました。

あとは、本を読んだり、ゲームをしたり、利用者さんの横に布団敷いて寝たり。

本当に自由に仕事させてもらってましたね。

あとは…朝食調理も夜勤バイトの業務でしたね。

と、いっても難しいものは作りません。

レシピや具材は用意されていたので特に問題なかったです。

調理といってもお米を炊いたり、目玉焼きを作ったり、サラダ、ウィンナー炒めたりするくらいでした。

悪かった点でいえば自由すぎて、夜間仮眠をとっていたら1人の利用者さんが自宅付近まで歩いて帰ってしまった…。という事。

悪い点というより反省点です(汗)

デメリットがあるとすれば、給料が1回14000円なので施設系に比べ安い。という事ですかね。

有料老人ホーム オススメ度★★★★☆☆

  • いい点:給料がよかった
  • 悪い点:接遇がちょい面倒
  • 勤務時間:17時〜翌9時
  • 1回の給料:18000円

有料老人ホームも色々種類がありますが、私が働いたのは【介護付き有料老人ホーム】夜間はだいたい25人〜30人の回廊式の作りの施設でしたね。全体的にオススメできるポイントは介護度の低さ。皆さん自立している方が多く、夜間のオムツ交換は5人程でした。

前述した通り、自分の働いている施設に比べて楽でしたね。

介護士2名での勤務体制ナース不在。夜間の仮眠は2時間の規定でしたが、組む相手によっては3時間以上、仮眠できる時もありました。

夜間ナースが不在なので、利用者さんが急変した場合はオンコールで対応してもらいます。

緊急時は一緒に組んでもらった常勤の人(バイト同士が組む事はなし)が対応してくれたので精神的負担は少なかったですね。

デメリットといえば、有料老人ホーム全体で言える事なのかもしれませんが、利用者さんがお客様気質が強く、ご家族の方も割と細かい方が多かった印象が…。

特別養護老人ホーム オススメ度★★☆☆☆☆

  • 良かった点:楽しかった
  • 悪かった点:忙しかった・仮眠がとれなかった
  • 勤務時間:16時30分〜翌9時
  • 1回の給料:17000円

場所によると思うのですが、すごく忙しかったですね。

時間も30分早く出勤ですし、オムツ交換の人数や体位変換の回数も多かったです。

介護士2人(ナース不在)で50名の利用者さんをみていました。

忙しすぎて、常勤の人はきちんと休憩が取れていない事も多かったですね。

必然的に自分も2時間休憩のところ1時間しか休めなかったりしました。

仕事内容は臥床介助、オムツ交換、場合によっては経管栄養の準備とかですかね。

寝たきりの方が多く、夜間のコールもさほどなかったですね。

デメリットは、とにかく忙しくて腰を痛めたということ。

良かった点でいえば、職場の女の人が可愛かったので楽しかった(主観)

老人保健施設 オススメ度★★★☆☆☆

  • 良かった点:働きやすい、ナース常在
  • 悪かった点:トイレ誘導・ナースコールの多さ
  • 勤務時間:17時〜翌9時
  • 1回の給料:16500円

老人保健施設は2箇所働きましたが、1箇所は現在でも働いています。本業の方も老健なのでなんとなく続けていますが、有料老人ホームの方が条件は良かった気がしますね。

仮眠は2時間2施設ともしっかり時間通りとれました。

悪い点で言えば、転倒や転落の事故が割と多い事と夜間のトイレ誘導の多さでしょうか。

老人保健施設はリハビリ目的の入所になるので宿命といえばそれまでですけどね。夜間バイトをするならある程度は覚悟していた方がいいかもしれませんね。

オススメできるのは、ナース常在なので急変時も安心な事でしょうか。

あとはいろんな疾患の方が入所しているので、勉強熱心な人はいい経験になると思いますよ。

失敗しない夜勤バイトの探し方

夜勤バイト探す時は友人・知人の紹介が職場の内情がわかって一番オススメなのですが、職場の人にバレずこっそり夜勤バイトをしたい方も少なくないはず。

そんな人のオススメなのが求人エージェントを使う事。転職エージェントは登録すると条件にあった職場を探してきてくれるサービスです。

求人・転職エージェントを使い倒せ

夜勤バイトを始める時は最初2.3日は日勤で働かなくてはいけないので、働きはじめが正直めんどくさいです。なのでできればスパッと1回で決めたい所ですね。

そこでオススメが転職エージェントをいくつか登録しておけば、比較できるので条件がいいところを選べたりします。転職エージェントは登録から就職まで完全無料なので安心です。

一社は登録しておきたい介護転職サイトランキング

1位、かいご畑(介護の資格が0円でとれる)
かいご畑のオススメ出来るところは、介護未経験の方や無資格でも安心できる専任コンサルト。わからない事やお悩み相談も可。無資格の方へキャリアアップサービスとして実務者研修資格のスクール代金全額負担をしてくれる。 今月ピンチ!にうれしい週払い制度もあり。
  • 実務者研修のスクール費用負担(10万程度)
  • 約10000件の求人
  • 給料週払い制度あり
  • 介護未経験・無資格の方も安心サポート
公式ページ詳細ページ
2位、ベネッセMCM(夜勤求人多数)
ベネッセはなにより夜勤専従で探している方におすすめです。そのほかの強みでは医療分野での求人や派遣で頑張りたい方にもおすすめですね。 登録も簡単!
  • 関東・関西・東海エリアの方には絶対おすすめ
  • 子供チャレンジ!で有名!圧倒的なネームバリュー
  • お友達紹介制度アリ
  • 医療系求人に強い
  • 夜勤求人多数
公式ページ詳細ページ
3位、きらケア(派遣も正社員にも強い)
きらケアはとにかく高時給で働きたい方や、転職で人間関係を失敗したくない方におすすめです。 待遇の交渉もあなたに変わって行ってくれるので『本当に助かる!』なんて声が多数。こちらも登録はすぐ出来て無料なので是非、登録してみてくださいね。
  • 派遣の給料がいい
  • 登録しなくても求人が見れる(登録すると非公開求人が見れる)
  • 職場のリアルな情報が聞けるから失敗が少ない
  • 50代からでも転職可能
公式ページ詳細ページ

もっと詳しく知りたい方は「介護転職サイトおすすめ比較ランキングTOP5」も参考にして、少しでもあなたに合った転職サイトを探して見て下さい。

まとめ

介護の夜勤バイトは給料がいい所を選ぶか、楽な所を選ぶかそこが大事だと思うのでしっかりじっくり選びたい所ですね。

  • 1回の給料を重視したいなら2交代制の施設系
  • 楽な所で働きたいならデイサービス

のように何を重視するか考えてから探すと見つけやすいですよ。あとは夜勤バイトは生活リズムも崩れやすいので、くれぐれも無理はしないで適度に働くのが吉。

探すなら転職エージェントは本当にオススメなので是非使って見てください。

実際に働かなくても、『こんな夜勤バイトあるんだ』なんて発見もあって見てるだけでも楽しいですよ。

いかがでしたか?これから夜勤バイトを探したい、働きたいと思う方に少しでも役に立てたら幸いです。