おすすめ転職サイトはこちら

ニートは介護職がオススメな4つの理由!就職の悩みと解決策まとめ

「ニートから抜け出して介護で働きたい!」

そう思っている人はあなただけではありません。

実はニートの約8割の人が「仕事をしていないとうしろめたい」と感じているそうです。

だけど実際に就職に向けて動きだそうと思っても、外に出るのが億劫・そもそも何年も部屋から出ていないので、外に出る事自体が”怖い”と感じて転職活動の一歩が踏み出せないのではないでしょうか?

この記事では「ニートを脱却して介護の仕事をしたい」と考えている人へ向けてその1歩が踏み出せるように、

ニートから介護職を目指す人の、疑問や不安を解消できる内容が書いてあるので参考にしてみてくださいね。

ニートには介護職がおすすめな4つの理由

ここでは本当にニートから介護職になれるのか。という根本的な疑問や、仮に入ったとしたらどんな感じなの?

という介護の仕事の基本的な事を紹介していきます。

1・介護はニートでも入りやすい職場ナンバー1

「ニートが働けるところは介護”しか”ない」なんてよく聞きますよね。これだけ聞くと「はぁやっぱり介護だけか…」なんて落胆する人もいるかもしれません。

でもちょっとまって下さい。

普通の企業なら書類選考の時点で高確率で落とされるのに、介護業界ならニートでもスルッと入れるって考えたらある意味ラッキーじゃないですか?

だって働けるんですから。

しかも介護業界に入って働けば、万が一介護が合わなくて転職するとしても職歴があるので、少なくともニートの時よりは書類選考も通りやすくなっているから転職だってしやすいはずですよ。

ニート生活が長くなると、ついネガティブ思考になりがちですが「介護”しか”ではなく介護”なら”」とポジティブに考えてみてはいかがでしょうか?

2・元ニートがたくさんいるから安心

ニートやひきこもりという経歴をもっていると「恥ずかしい」と考える人が多い様です。

そうした考えから就職できたとしても噂されたり、いじめられるんじゃないかと不安に思う人もいると思います。

しかし、介護の仕事はニート・職歴なし・引きこもりといった経歴の持ち主はたくさんいます。

僕が初めて介護をした時に教育担当としてついてくれた方も「元ひきこもり」でした。

その方はもともと工場勤務をしていたそうですが、工場で事故を起こした事をきっかけに仕事を辞め、それから3年間自宅にひきこもっていたそうです。

それでも、30歳の誕生日に「そろそろやばいな」と感じ一念発起し介護の仕事についたんだとか。

ちなみにこの方、現在では介護の上位資格のケアマネジャーという資格をとり立派に働いています。

介護の仕事をしている人の中にはこの方のように「元ひきこもり」や「元ニート」がいる事は決して珍しい事ではありません。

なので「ニートだから…」と劣等感を感じる事も一切ないですよ。ぜひ胸をはって介護職を目指して下さい。

3・人手不足だから介護は入りやすい

あんまり「入りやすい」と聞くと逆に不安に思う人もいるかもしれません。

ではどうして介護が入りやすいのかというと理由は簡単「人手不足」だからです。

人手が足りない理由としては、介護の仕事が人気がないからとか、ブラックだから人が集まらないとかそういう悪い理由からではありません。

単純に高齢者が多すぎて、介護する人間が足りていないのです。需要と供給のバランスが合っていないと言う事ですね。

国が行ったアンケート調査によると約6割の介護施設が「人手が足りない」と答えたそうです。

つまりどこもかしこも人が足りていないから「ニートやひきこもりでも働いてくれれば全然OK!募集して」って事なんですね

4・仕事内容は案外楽

介護の仕事は重労働というイメージをもっていませんか?

そんな人は「自分じゃ務まらないかも」と心配に思うかもしれませんね。

たしかに介護の仕事には「オムツ交換」「入浴の手伝い」といった肉体労働もあるので、肉体的にきつい事だってあります。

ただし、他の仕事と比べたらずいぶん楽です。

僕は介護の仕事以外にも、工場・ガテン系の仕事・デスクワーク・営業といろんな仕事をしてきましたが、これらと比べると介護の仕事は天国だと思っています。

だって外仕事じゃないから基本涼しいし、工場や営業のようにノルマだってありませんから。しかも介護って残業がほとんどないから定時であがれるので最高なんですよ。

あと「オムツ交換」「入浴の手伝い」がきついなんて事を書きましたが、介護未経験の人はこうしたきつい仕事はしばらくやる事はありません。

なぜかというと、利用者さんに直接触れるような仕事は、介護資格を持っている人にしかできない事になっているからです。

未経験の人はどんな仕事をするのかというと…僕が働いている施設では、介護未経験の人に頼む仕事は「お茶を配る」「お風呂で着替える服を用意してもらう」といった本当に簡単な事をお願いしています。

もちろん徐々に専門的な事も覚えてもらいますが、決して難しい事ではありません。普段の仕事をしていれば理解できるような仕事ばかりなので安心してください。

介護に就職する時に心配事と解決策

ニートから介護の仕事ができる事はわかったけど、実際働くとなると、さまざな不安や疑問があると思います。

ここではニートから介護職を目指す人が感じる疑問や心配事、それについてのアドバイスを紹介していきます。

年齢制限はないか

ニート・ひきこもりは30代の人が多いと聞きます。

30代〜就職となれば、普通に生活して仕事をしている人でも選択できる就職口が減ってくる年齢ですよね。

なのでニート生活をしていて、なおかつ30代というと「年齢でアウト?」と心配に思う人もいるのではないでしょうか?

ですが介護職は年齢制限がゆるいとも言われているので、これから介護を目指す方もさほど年齢は気にする事はないですよ。

ためしに求人広告や求人サイトなど見ても、一般企業だと年齢制限を〜35歳までと条件をだしているのに対して、介護業界の求人をみると〜59歳なんて書いてあるのが目立ちます。

つまり60代までは介護の仕事の募集があるって事ですから、安心して介護職につく事ができますね。

面接時のニート期間の説明方法は?

面接の時に必ずといっていいほどされる質問が「空白期間は何をしていました?」という質問です。

  • 「この質問をされると思うと怖い」
  • 「なんて答えていいかわかないので不安」

と不安に思う人がほとんどだと思います。

まずこの質問が「怖い」と思っている人に覚えておいてほしい事なのですが、面接官は落とそうと思ってこの質問をしているわけではないと言う事。

「こいつニートだからいじめてやろう」という悪意ではなく、「なにか病気など健康上の理由があったのか」や「どうしてブランクが長いのか」という”理由”が聞きたいだけなのです。

なので、質問に対して空白期間の理由さえ、きちんと説明できれば全然問題ありません。

ではこうした”空白期間”の説明はどうすればいいのかというと…基本は正直に答える事が大切です。

いくつか具体例も紹介しておきますね↓

病気や怪我をしていた場合

〇〇が原因で怪我をして休まざるおえない状況でした、完治してからもすぐに動き出す事ができず今に至っています。

(うつ病などが原因の場合は正直に答えてOK)

ひきこもっていた場合

理由が明確ならしっかりその理由を話してもいいと思います。たとえば、僕の上司で工場勤務で高い機械を壊した事が原因で仕事が嫌になってひきこもった人がいましたが、ありのままを説明したと言っていました。

「このままではいけないと思った」「家族に迷惑をかけられない」と前向きな事が言えると印象がいいです。

ゲームをして遊んでいた場合

正直といっても「ゲーム遊んでいました」だけだとさすがに正直すぎです。いくら間口の広い介護といえど落とされる可能性があります。

何かゲーム以外でやっていた事、例えば読書や楽器など趣味があればその趣味について簡潔にはなせばいいでしょう。ですがあくまでも趣味なので最後に「仕事に取り組もうと思い一念発起して」と前向きな気持ち・やる気が伝えられるいいですね。

本当に何にもしていなかった場合

「どうしてもやる気が起きず、これと言って特に何にもしていませんでした」「それでも今後は〇〇なので頑張って働きたいと思っています」でいいと思います。(〇〇には働きたいと思った理由を説明)

 

介護の面接の場合は、一般企業の面接ような「僕は会社にとって潤滑油」的な難しい事を言う必要はありません。またそんな答えが出る様な質問もしません。

必要なのは質問された事にきちんと答えられるかどうかです。わからない質問や、答えられない事があれば「うまく答えられません」と正直に言って大丈夫です。

空白期間を聞かれても「変に取り繕う必要はありません」パニックにならず落ち着いて挑みましょう。

仕事についていけるのか

ニート生活に至った経緯が「前の仕事についていけなかった事が原因」という人もいるのではないでしょうか?

そういった人は「また仕事についていけなかったらどうしよう」と不安になってしまいますよね。

しかし介護職の場合は上でも紹介したとおり最初から難しい事を強要したりはしません。なので仕事についていけないという事もまずないのでそこまで心配に思わないでも平気ですよ。

資格は必要なのか

介護の仕事は資格が必須というわけではありません。

ベテランの介護職員も案外無資格だったりします。それでも資格をもつメリットとして

  • 給料があがる
  • 知識や技術が身につく
  • 転職しやすくなる
  • 舐められなくなる

なんて事があるので、資格は取っておいて損はないと思います。

取れる資格は

・初任者研修

・実務者研修

の2つです。介護資格といえば”介護福祉士”が有名ですが3年以上の経験が必須なので、資格をとるならまずはこの2つのうちどっちかがオススメです。

どちらも民間スクールに週一回通い1ヶ月ほどで取得できます。費用はバラツキがありますが平均7万〜10万円くらいと想像しておけばいいでしょう。

働く前でも通えるので、ニート脱却準備として通ってみるのも一つの手かもしれませんね。

どんな資格かもっと詳しく知りたいという人はこちらを参照してください。介護資格についてくわしくまとめてあります。

実際にニートから介護職に就職した人の意見

ここではツイッターを使って実際にニートから介護職になった人の意見を紹介しておきます。

大変だけどやりがいがある

たしかに介護は大変だけど「感謝されたり」「リハビリの成果」などやりがいもたくさんあるんですよね。まったくその通りだと思います。

ニートから介護はきつかった

働いていない期間や個人の体力によって疲れ方は変わってくると思いますが、やっぱり働き始めはどんな仕事でも疲れますよね。

だいたい働き初めて3ヶ月が介護の壁と言われているので、まずは3ヶ月継続を目標に頑張ってみるのもいいかもしれませんね。

介護を初めて成長した

ニートだと1人になりがちで、人とコミュケーションをとる機会がなくなるのでつい自分の考えに固執してしまって頭が固くなってしまいますよね。

他人と関わっていく事で人間は成長できるんだな。と改めて感じましたね。

ニートから介護に転職するなら転職エージェントがおすすめ

ここまでは「ニートでも介護に就職できる」という事を中心に書いてきました。

ここからは実際にニートから介護職に就職する為に”仕事探し”は具体的にどうすればいいのか?

という事について書いていきたいと思います。

一般的に仕事探しというと、求人サイトや求人広告を使う事が一番メジャーな方法ですが、ニートから介護職を目指そうという方にはこうした方法はあまりオススメできません。

なぜかというと求人サイトにはこんなデメリットがあるからです。

  • 求人情報にのっている情報は嘘が書いてある事がある
  • 多すぎて選べない
  • 基本情報だけで詳しい事がいまいちわからない
  • 応募したら求人が終わっている事がある

ニートから初めての仕事探しとなると、右も左もわからない状態だと思うので、求人サイトを使うと

多すぎて選べない、頑張って選んだとしてもいざ働いてみたら、「求人情報と全然違った」「人間関係が最悪だった」なんて可能性だってあります。

こうした事が原因で「せっかく仕事を始めたのにまたニートに後戻り」なんてできる事なら避けたいですよね。

なのでニートから介護職を目指したいあなたにオススメなのが転職エージェントのかいご畑です。

かいご畑とは、あなたにあった求人探しのお手伝いや、緊張しちゃう応募先への連絡の代行など就職に関わる事は全て無料で行ってくれるのでとても便利なサービスです。

初めて利用する人は不安もあると思うのでここでは、かいご畑の特徴や実際に登録する時の流れを紹介しておきたいと思います。

かいご畑

ニートだった事を踏まえて仕事探しをしてくれる

あなたが中々ニート生活を抜け出せない大きな理由として、「相談できる人がいなかった」という理由があると思います。

だれかに相談できたとしても、具体的に「じゃあこうしてみるといいよ」という適切なアドバイスを受ける事はできなかったのではないでしょうか?

 

かいご畑を利用すれば、あなたでもできる仕事や、ニートから介護を目指す時の注意する事など、適切なアドバイスを受ける事ができますよ。

しかも相談にのってくれる人は、なにかしら介護の資格をもった介護転職のエキスパートです。

またかいご畑の利用者の半分は介護未経験で、その中にはあなたと同じく元ニートもたくさんいるので後ろめたい・恥ずかしいという気持ちになる事はありませんよ。

緊張する連絡は全てまかせてOK

求人応募の電話連絡や日程調整は、緊張してうまく伝えられるか不安ではありませんか?

かいご畑なら、そうした緊張する日程調整の電話連絡など都合のいい日を担当に伝えておけば全て代行して行ってくれますよ。

履歴書作成を手伝ってくれる

自己PRや趣味欄など何を書いていいか迷う事もあるかと思いますが、かいご畑なら履歴書作成もお手伝いしてくれます。

これなら初めて履歴書を書くなんて人でも、プロ監修の立派な履歴書を作成する事ができますね。

面接対策をしてくれる

上でも少し触れましたが、ニートの空白期間は必ず突っ込まれます。その期間が1〜2ヶ月であれば、なんとでもごまかす事はできますが、年単位になると上手に答えられないという心配があったり、その他の質問にもしっかり答えられるかと不安になってしまいまうすよね。

 

かいご畑なら面接対策としてよくある質問や上手な答え方のアドバイスをしてくれます。

あなたが希望すれば、模擬面接や面接同行まで行ってくれるので大船にのった気持ちで面接に挑めますよ。

10万円かかる資格がタダでとれる

かいご畑では上でも紹介した、介護資格の初任者研修・実務者研修2つのうちどちらか1つの費用を援助してくれます。

どちらも費用も平均10万円前後かかるので、これがタダになるのは相当助かりますよね。

ただこのサービスを利用するには、かいご畑の派遣として働く事が条件となります。

「派遣かぁ…」と思った人も派遣なら期間が決まっていて時間の融通が効くので、介護業界を知る意味でもニートから勤め始めるのにちょうどいいと思いますよ。

しかもかいご畑なら、派遣で働いてみて気に入った職場があればそこで正社員になれる「紹介予定型派遣」という働き方もあります。

タダで資格はほしいけど正社員で働きたいと考えている人はこちらもオススメです。

今すぐ働く気がなくても全然OK

今すぐ働く自信がなくてもとりあえず登録だけしておくのも全然OKです。

登録だけしておいて、自分の条件でも出来る求人があるか相談したり、どんな仕事をするのかなど情報収集だけしておくって事ですね。

登録するだけでも、ニート脱却の為の第1歩になるはずですよ。

利用はすべてタダ

ちなみに利用は全て無料です。

これだけサービスしてくれて全て無料なんて聞くと逆に「大丈夫?」という気持ちになるかもしれませんが、かいご畑のようないわゆる転職エージェントでは無料が基本です。

どうしてかと言うと就職が決まった時に「紹介料」として施設側からお金が発生しているからなんですね。

なのでどんな事があってもあなたがお金を払う事はないので安心して利用してくださいね。

登録から紹介の流れ

登録はこちらのバナーをクリックすると直接公式の登録フォームに移動できます。

登録は1分程度で名前や住所など基本的な事を入力するだけです。

その後担当から電話が来て、条件などヒヤリングして登録完了です。

登録後はメールや電話で、専任の担当者と求人情報の案内や、就職に関する相談をする事ができます。

もっと詳しくかいご畑を知りたい方は、こちらに僕が実際に登録し仕事紹介された時の事を書いた記事があるので参考にしてみてくださいね。

かいご畑

まとめ

ニート生活が長くなってしまうと、「いつかは働かなければいけない」とわかっていても焦りや不安ばかり大きくなって、中々行動に移せないでいると思います。

ですが、この記事を見てくれた人はもう半分脱ニート状態だと思うので、あともう少しです。

最後にニートから介護職につく為のポイントをまとめておくので参考にしてくださいね。

  • ニートでも介護なら年齢制限もなく就職可能
  • 元ニートはたくさんいる
  • 仕事は簡単
  • 仕事探しはかいご畑がおすすめ

ちなみに「ニートだからと…」色々不安だと思いますが、その多くの心配は外にでて仕事をしてみたら杞憂に終わるような事ばかりだと思いますよ。

なので色々悩んでるならとにかく、一度介護で働いてみてください。きっと楽しいはずですよ。

一社は登録しておきたい介護転職サイトランキング

1位、かいご畑(介護の資格が0円でとれる)
かいご畑のオススメ出来るところは、介護未経験の方や無資格でも安心できる専任コンサルト。わからない事やお悩み相談も可。無資格の方へキャリアアップサービスとして実務者研修資格のスクール代金全額負担をしてくれる。 今月ピンチ!にうれしい週払い制度もあり。
  • 実務者研修のスクール費用負担(10万程度)
  • 約10000件の求人
  • 給料週払い制度あり
  • 介護未経験・無資格の方も安心サポート
公式ページ詳細ページ
2位、ベネッセMCM(夜勤求人多数)
ベネッセはなにより夜勤専従で探している方におすすめです。そのほかの強みでは医療分野での求人や派遣で頑張りたい方にもおすすめですね。 登録も簡単!
  • 関東・関西・東海エリアの方には絶対おすすめ
  • 子供チャレンジ!で有名!圧倒的なネームバリュー
  • お友達紹介制度アリ
  • 医療系求人に強い
  • 夜勤求人多数
公式ページ詳細ページ
3位、きらケア(派遣も正社員にも強い)
きらケアはとにかく高時給で働きたい方や、転職で人間関係を失敗したくない方におすすめです。 待遇の交渉もあなたに変わって行ってくれるので『本当に助かる!』なんて声が多数。こちらも登録はすぐ出来て無料なので是非、登録してみてくださいね。
  • 派遣の給料がいい
  • 登録しなくても求人が見れる(登録すると非公開求人が見れる)
  • 職場のリアルな情報が聞けるから失敗が少ない
  • 50代からでも転職可能
公式ページ詳細ページ

もっと詳しく知りたい方は「介護転職サイトおすすめ比較ランキングTOP5」も参考にして、少しでもあなたに合った転職サイトを探して見て下さい。